オリジナルソフビ成型品や大型艦船模型を個人道楽で製作しています。 「好・楽・円(御縁・コミュニケーション)」を大切に、基本的スタンスは「ホビーは楽しんでナンボ♪」と「唯我独尊♪」
腕の分割

腕の分割
cc384df9.jpeg21af8f1b.jpeg












午前中とりあえず硬化した腕を切り刻む♪
ウエスタンラリアットできるように、自然な形状にできるように、
繋ぎ目が目立たなくできるように・・・設計?カン頼みのアナログ設計です(笑)
手のひらはオリジナル雰囲気残し類人猿風に最低限のアレンジ。

9769520a.jpeg












腰のやり残しと脚に毛を施しました。
硬化を待ち「毛の動き」を再現していきます。
毛に表情をつけるなんて、普通納期のある「仕事」ではなかなかできません。
膝あたり若干伸びるだろうと予測。
手首・足首は球形で可動。繋ぎ目の工夫が課題ですね。



20:10追記 まぁ失敗するコトもあります(w)
5512adf0.jpegdfc693eb.jpeg















腕可動間着部角度探し。
この角度なら自然な感じ。でも伸びた腕と曲げた腕あまり感じがかわらないなぁ・・・悩む
で足首を作ってみた。作ったあと気が付いた「小さいじゃん・・・ボツっ!」


0c675f49.jpeg









足の大きさとプロポーション確認の為仮組をしてみる。
頭と手をあわせて初めて体に取り付けてみる。
足作る前にやればよかったなぁ・・・
ほぼ私のイメージ通りのバランスですかね。
平手もコレなら「夢のタイケツシーン」もサマになってくれるだろう。
結局、足首の直しは明日以降。先に左手首を作る。
コレなら球形に湯口つければソフビで抜けるだろう。

「B級怪物文化を愛する」だとちょい恥ずかしいので「楽しむ」程度で気楽にいきたいと思います。明日までにおおまかな内容考えときます。


12月4日追記 もう一つの理由
bb686b61.jpeg

「老猿」 高村光雲作(たかむらこううんさく)
小学校高学年の図工教科書鑑賞ページで見た「老猿」に感動。
今思えば、栃材の一木造りで製作されたそれを見て、
猿とも人間ともつかないその姿。

鑿使いによる波打つような、決してニホンザルのものではない
体毛の表現を、感覚的に感じ取ったのだと思う・・・
そして、偉大な作品に対する憧れ。
どうも、何体もゴリラを作ってしまうバックボーンに
なっているのだと思う。

と云うコトで作った腕が気に入らずやり直しています(笑)
体毛は短い「まんまゴリラ」ですよ♪


12月5日 15:20追記
7f1561ec.jpeg









腕の形状がようやく決まりました♪
ジオマト「コング」のような肘形状の不自然さを改善できたのは嬉しいです。
可動ラインわかりますか(♪)あとは各部位の段差を修整です。
足首の球形改修中。丁度良い大きさの球が無く、楽しく「マジスカ団子」。ソフビゆえに完全な球じゃなくても大丈夫なんです。

12月.7日追記3d39e90d.jpeg「腕の可動確認」









この後、繋ぎ目周辺部、体毛調整しラインが目立たないように仕上げます。
3e84bdae.jpegc67fca45.jpeg






4bc57a21.jpegff659364.jpeg




















          



ーお知らせー
週刊月曜日「いぐあな」の日ですが・・・
「B級怪物文化を愛する会」とし、カテゴリーを起こします。
主に情報交流を中心としたサークルの日みたいな感じでしょうか♪


レプリカについての問い合わせやご連絡もこのカテゴリーで受け付けができるようにしたいと思います

週刊月曜日は

「B級怪物文化を愛する会」です!


レプリカ製作過程や他はこれまで通り、
不定期気まぐれ更新していきます。



















 
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

いぐあな、顔長、金星と楽しみが広がります。
2013年の世もたぶんそれほどが良くなることはないでしょうが
(あの政権政党が野党に下るのが幸いですが)
ブッカ師のおかげで「宇宙船」の夢のつづきが見れるのではと。
もちろん聖氏にも大いに期待です。
奇しくも「リド、大猿、金星」は失ってしまった少年の頃の
思い出で特に「いぐあな」は僕にとって初めてづくしの
思い入れのあるモンスターであり、間違いなく僕にとって
何よりの心の宝物になると思います。

「猿物」はぼちぼちと所有してるのですが「これだ!」というものが
中々無く、ビリケン大猿はリド、金星共々・・・
ジオマトは当時気がついていませんでした(´;ω;`)
なので今回の顔長が「決定版」くさいなと喜んでおりますw
レトロ系、パチモノならそれなりの出来で妥協出来ますが
やはりリアル系王道のど真ん中が欲しかった。
劇中トレース、フル可動ソフビなんてモノは
どこもやってくれなかったのが現状だったので、ブッカ師の心意気に
ただ、ただ頭が下がる思いですm(_ _)mぺこり
無題

ガシガシ遊ぶ為には重心安定が不可欠なので足首は
劇中モデルより気持ち大きめの方が良いと個人的思います。
「ソフビ怪獣」として見た場合、手首、足首は若干大きめの方が
見た目もカッコイイので。
宇宙船さん♪

まったくです・・・原型製作を引退しておよそ20年・・・きっとどこかのメーカさんが良いモノを作ってくれるだろうと考えていたのですが・・・

ましてこのご時世では・・・

スタンダードを大切に維持するなんて考えは無理。
ヒット商品には成り得ないから、企画会議に乗せてもボツっ!
リアル系は特によほどニーズ無い限り製品化は難しいのでしょう。

OVA「宇宙戦艦ヤマト」もなんかキャラが「アイマス」っぽいし、媚びててイカンです。
「ウルトラQ」は大丈夫かなぁ・・・

そのまんまに価値があるモノだって、たくさんありますよねぇ。



カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
6
8 9 10 11 12 13
14 17 19
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

最新CM

[05/23 ブッカ]
[05/23 怪獣玩具]
[05/23 ブッカ]
[05/23 happyluckytoy]
[05/23 ブッカ]
[05/23 箱庭技研]
[05/23 ブッカ]
[05/22 ブッカ]
[05/22 BOSS]
[05/22 ブッカ]
最新TB

プロフィール

HN:
ブッカ親びん
性別:
男性
職業:
創造的自由人
趣味:
立体造形・絵画・カラオケ
自己紹介:
謎の還暦越えの爺さん。
fb登録名 Izumi Takabe
現在はホビーを楽しむ「ぷぅ」
座右の銘:「人生起きて半畳寝て一畳」「それはそれっ、これはこれ!」
好きな四字熟語:「唯我独尊」「晴耕雨読」
今年の目標:日本文化としてのソフビ工芸品の開発。
野望:完全世捨て人。
工房:お布団のうえ・・・現在制作場所確保の為自宅お片付け中。
経歴:最近ボケてきたので忘れた。
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター