オリジナルソフビ成型品や大型艦船模型を個人道楽で製作しています。 「好・楽・円(御縁・コミュニケーション)」を大切に、基本的スタンスは「ホビーは楽しんでナンボ♪」と「唯我独尊♪」
USAーWFレポ

  USAーWFレポ
  7日11:45画像追記Davidの「うなぎ工房グワンジ」画像追加

David&tonkatuさん情報アンガト!! 幻の名作ガレキ!?
 
頁下画像編集、コンテスト結果発表にてレポ記事終了

「Tokusatsu-Otaku」David Barker共有画像編集。
DavidのジオラマはUSA-WFコンテスト決勝進出!
3位銅メダルで少し、しょげてましたがそれも「幸せの記憶」
評価なんぞは価値基準でかわるのですからネ(笑)
金賞・銀賞が見たい(笑)まぁ、いいんじゃないでしょうか(笑)(笑)
でも・・・楽しそうだったなぁ♪

後ろ盾がない個人作品としては大健闘だと思います。
コンテストと名のつく場では金賞を獲得すのは、尋常ではないのですよん♪
でも、そんなの関係なくDavidにスタンディングオベレーション!!
  
私が一度でもいいから行ってみたかった憧れの本場USA-WF・・・
※削除要請有れば、即対応の為非公開となります。あらかじめご了承ください。

DavidのジオラマがUSA-WFコンテスト決勝に!?
Cthulhus final base with Izumis inscription!
Izumis銘によるCthulhus決勝ベース!
よくわからないのでしばし静観・・・。
 

 19:30画像追加

1.DavidandRene Guzman (Vintage Japanese Vinyl & Resin Kits)

 More kits of WF 2015
At Wonderfest in Louisville , Kentucky , view of contest entries and dealers room!
ルイビルのWonderfest、ケンタッキー、コンテスト・エントリの表示と販売店の部屋で!

画像が多すぎてどこまでがコンテスト会場画像なのかわかりません。
でも、たまには「無」の心境でただひたすら「鑑賞」も宜しいかと。
USA-WFレポは、まだまだ続きますが、無理せずにぼちぼとと追加していきます。

DavidandRene Guzman (Vintage Japanese Vinyl & Resin Kits)
 
追加画像

「宇宙家族ロビンソン」ですねぇ♪意外と日本での再放送は少ない。


イイ仕事ですねぇ。オリジナルなのかなぁ。


ショップでしょうか?


むふふ・・・版権無認可の荒稼ぎ?って(笑)稼げないからコソ泥の片棒まで担ぐショップ?(笑)(笑)さすがに「IZUMIタグ」は置いてないみたいで一安心。
ミックの造形は凄いのになぁ・・・

 
     
  
     
 


恐竜のクォリティーも凄いですねぇ。


そしてDavidのコンクール参加作品  

 
 


私の蛸君と玄さんのツボ吉の「竜宮城」みたいなジオラマ。
Davidが大笑いで説明。潜水夫はぽ○る君LOL!!だそ~です。
彼はWFで私のビニルキットの残りを返すとDavidに申し出た。
Davidは現在未払い分ビニルキットを預かってもらっている。手間をかけさせてしまった。
でもね、あらかじめDavidに送ってある「ぽ○る君ペイパル支払い履歴」と数字が全然あわない。
予測を決して裏切らないコソ泥君に私とDavidは大笑い。
大体,返すなら何故直接日本に返品しないんだろ?3万円超える送料も当然踏み倒し。
そんな貧困なプロモーターなんて日本じゃビジネスなんかできない(笑)
これにてぽ○る君との一件は完全終結宣言。「蜘蛛の糸」は切れちゃったようですね。
同時に彼は正式に「容疑」を背負うことになるのかなぁ・・・。
あとは、私の仕事ではない。「専門機関」に任せて乾杯♪
 
   
「Tokusatsu-Otaku」David Barkerによる共有画像。
枚数が半端無い・・・USAーWFは「お祭り」
私の頭も完全におまつり・・・もはやもつれにもつれて整理不可能(笑)
とりあえずは多分WFの画像より公開。

多分会場風景

多分コンテスト参加作品

 
 



 
  
  
   
 

     

 
    

 
  
 


        
 
   David Barkerの自宅コレクションは次のお楽しみですかね(笑)
次回更新はmorinaoさんD-REX改を予定。

   
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
楽しそうです♪

USAのWFも楽しそうですね
特撮作品は国内外問わずに愛されているのが良く分ります
ゴジラとクトゥルフはネタになっているようですね
そろそろこんな映画見てみたい(笑)
ヴァーミスラックスの骨格はキットかなあ?
カッチョいい!

Davidさんのディオラマの親びんのタコと、いつの間にか参加してるツボ吉・・・・どんな感想なのか聞きたいです
続報を待ちます!
玄さん♪

国内外すべてコンクールと名のつくものは「思惑」の競い合い・・・
それは文化的な価値基準であれ商業的な価値基準であれ、順位によって評価される。
このジオラマには、私なりのホビーの価値を問うコメントカードが付属しているんです。
隠居決め込み業界から距離をとって遊んでいる「蛸君」
売れる売れない関係なく純粋に創造的な想いから生まれた「ツボ吉君」
そして宝探しに目がくらみ、なりふりかまわず聖域に足を踏み入れた潜水夫(笑)
※その命綱をチョッキンしようとしている「ツボ吉君」(笑)(笑)
「蛸君」も「ツボ吉君」もプレ価どころか商品ですらない趣味造形品。
(蛸君にいたっては廃棄予定だった残骸の寄せ集め)
それをDavidが素晴らしいジオラマ作品にまとめあげた。
お金ではけして得られない。「信頼」「友好」「ホビーを楽しむ」が生み出した前代未聞の参加作品なんじゃないかと(笑)
最終的には審査員と関係方々の「思惑」による結果と相成るのでしょうけどね。
まさか最終まで残るとは・・・
私的にはできるだけ多くの人に「潜水夫チョッキンしてるツボ吉君」を見て頂き、すこしでも次世代へのバトンタッチに繋げられればと願うだけです。
何しろ私の世代はそろそろヨレヨレ・・・いつまで楽しめるやら(笑)
ポ〇ルのミラクル大失敗

タツノコも居たので、
このタイトルを捧げます。

ケツアルコアトルス!!
ネタがバラエティですね。
ホント、楽しそう!!

私のWF2015夏の原型・・・
元締め共々、アイデアが焦げ付きピンチ。(汗)
無題

米国のWFも楽しそうですなあ。
米国だけにユニバーサル系のモンスターが多いように思えますが、英国のハマーフィルム系は少ないように見えます。
フランケンシュタインの怒りや吸血狼男やドラキュラもたくさん見たいなあ。こんな会場に行ったら諭吉さんが何枚あっても足りなくなりそうです。
英国ではこうしたイベントはやってないんですか?
タコ君やツボ吉君が海外でも認められるというのは、ある意味映画のオスカー並みの評価だと思いまッス!
ぱてじんさん♪

大丈夫ですよ。
今だから云うけど、タ○ラのサムライト●ーパーのアイデア会議。聖闘士○矢タイプに付加価値付けるとかで、やれ昔の駄菓子ヘリコプター胸に装着でなんとかタイフーンとか滑車で滑空とか真面目に議論してましたっけ。勿論みんなボツでしたけど(笑)現在の流行は電磁波による電子機器無効化装備がどうやら無敵っぽい。私的にはフェイスバージョンか強化ギブス系が好きなんですけどね♪現用試作モデルでも結構にあっちゃったりして。モトがかなり良いフィギュアですからね♪検討を祈ります!
RKOさん♪

あはは、予測した通り最後は版権絡みのキャラが。
いまどき個人の作品がよく決勝までいけたモンですよん♪

さきほどしょげてたDavid励ましメッセージ。でも、彼も十分満足できたでしょう。
玄さんのツボ吉君は大好評。そりゃぁそうです。
あれこそ玄さんの情熱満タンのキット!大量生産簡単にできるモンじゃない(本人はしっかりやっちゃってますけどね!)
無題

アメリカのWFレポ、楽しく拝見。
時節柄か(?)やっぱり恐竜関連に目が行っちゃいます。どれも彩色がすばらしいですね。
トップから3カット目のも、真っ黒でよく見えないけど気になります。
チラノ系みたいなんだけど・・・グワンジ?
morinaoさん♪

もし私が会場にいっても多分迷子になって展示品みるどころではないと思います(笑)
まだまだあるのですが、このあたりで一度休憩。
暗い画像のティラノ系は「グワンジ」なんじゃないかなと私も思います。
さて、難儀している新パソの画像編集ソフトにも慣れてきたので、次の更新記事はmorinaoさんの「D-REX」ですよん♪
スゴイですねぇ~!

どれもこれもすごいモノばかりですね!
欲しくなっちゃいます・・・(笑)
Davidさんの銅賞も素晴らしいですね。
おめでとうございます。
そしてその作品の具材となるタコくん&ツボ吉くんを提供されたブッカさま・玄さまにも拍手を贈りたいです!
ちなみに某K物屋さんのブログでも同WF紹介されていまして、金賞と思われる方とその作品が掲載されていましたよ。

いよいよmorinaoさまのD-REX登場ですか!
楽しみにしております。

無題

デヴィッドのグワンジは確か日本製のレジンキットだったような...。(茂木さんの所のだったかな)彼は日本のそれこそ、メジャーなメイカーの物からワンフェス等のイベントで販売された個人製のものまで私たち日本人でも持っていないようなすごいレアなキットを山ほど持っていますよ。
BOSSさん♪

情報アンガトです。
自宅にいながらUSA-WFの展示品が楽しめるなんて、fbのおかげですかね♪
実は私は昔、某国内の有名公募展の審査委員に随行させて頂き、審査の様子を目の当たりに・・・
以来、「コンテスト」がすっかり苦手(笑)それによって、絵描きになる夢がすっかり萎えた
(笑)(笑)
結局、地位や名声は誰かを踏み台にし、何かを失うことにも繋がりかねない・・・。
コンテストなんてのもどぉせなら「公開一般審査」にすれば良いですよね♪

morinaoさんのD-REX「外科手術的改造技術」が凄いですよん♪
haseさん♪グワンジ

日本国内のガレキでしたか!マーメイドあたりのレジンかなぁ・・・。中野にあるオタクバー「空想科学」の展示棚にもグワンジがあったけど、同じかなぁ?
なんにしても今となっては貴重品なんでしょうね。

私が気になったのは
原型 ビル グドムンドソン 1/144カマキラス♪
あとは、ガンをもって歩いている女性フィギュアのお尻です♪
無題

ブッカ師、御無沙汰してます。
David のWFの報告等楽しみに拝見しております。今回、フェッスで3点銅賞を取ったDavid の ”Gwangi" は『うなぎ工房』のキットだそうです随分古いキットを持ってますよね。
Cthulhu kit 等も楽しんで製作した感じが伝わって来ますね。賞が取れて良かったですね 笑
tonkatuさん♪アンガト!

趣味に徹すればまだまだこんなにホビーが楽しめる!
こんなキットがあったんですね。

いかに食う為とは云え、ぽ○る君やなりふりかまわない一部の宜しくないヤフオクの転売屋さんのやってることが姑息でつまらん商売しているか・・・・。
アホな似非ユーザーさんも増えちゃっているんでしょう・・・。
このグワンジのようなガレキが純粋に楽しめていた時代は良い時代でした。

やはり、私にはそんな現在の渦中に足を踏み入れるのは無理かもです。

「プロジェクトG」もブログとfb友人で楽しめれば良いと考えています。

そのうち自然淘汰され純粋なホビー愛好家が楽しめる時代がくると良いですね♪
無題

やっぱり茂木さんのところのですね。
haseさん♪流石ですね!

今となってはガレキ黄金時代をただ懐かしむ・・・。
カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア

最新CM

[07/23 tonkatsu]
[07/17 happyluckytoy]
[07/16 BOSS]
[07/16 ハルちゃん]
[07/16 元気になったらブンドドしましょう!]
[07/15 kuni mimi]
[07/15 ブッカJr]
[07/12 努]
[07/12 箱庭技研]
[07/11 RKO]
最新TB

プロフィール

HN:
ブッカ親びん
性別:
男性
職業:
創造的自由人
趣味:
立体造形・絵画・カラオケ
自己紹介:
謎の還暦越えの爺さん。
fb登録名 Izumi Takabe
現在はホビーを楽しむ「ぷぅ」
座右の銘:「人生起きて半畳寝て一畳」「それはそれっ、これはこれ!」
好きな四字熟語:「唯我独尊」「晴耕雨読」
今年の目標:日本文化としてのソフビ工芸品の開発。
野望:完全世捨て人。
工房:お布団のうえ・・・現在制作場所確保の為自宅お片付け中。
経歴:最近ボケてきたので忘れた。
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター