オリジナルソフビ成型品や大型艦船模型を個人道楽で製作しています。 「好・楽・円(御縁・コミュニケーション)」を大切に、基本的スタンスは「ホビーは楽しんでナンボ♪」と「唯我独尊♪」
「いぐあな」キリは無いのだけれど・・・

「いぐあな」キリは無いのだけれど・・・
e5f14bb6.jpeg631bff05.jpeg
















眺めながら細部チェック。
まだまだ見つかる修正箇所。
ちょっとした味付け部分は、ほどほどにした。
もっと基本的な部分。
昨日は顎の下部のウロコをはがし、微妙な「皮のたるみ」をつけた。
今日は朝から、「頭のトサカ」をもう少し大きくしなければとウズウズ・・・

307cfc0a.jpegc38aaa21.jpeg















・・・・そんなワケで、写真撮りも軽く流しました。
オマケに舌取り付け忘れてるし・・・
首以上に、下顎の形状は難しいです。


419790df.jpeg4c9e3c9a.jpeg















ほら・・・頭のトサカが全然駄目です。
ちょっと下から眺めてやれば、簡単にわかったのになぁ・・・



2743d3be.jpegfd50a2d4.jpeg
















舌をつけて首だけ撮影。
トサカ大きくしたら、かなり良くなるんじゃないでしょうかね。
目指すは「精悍なおへちゃ」

昔は回転式ろくろ使って、目の高さで製作してたなぁ・・・ろくろ棄てちゃったから、ゴミ箱ひっくり返して、鍋でも被せて回転ろくろのかわりにしてみます。

完成原型を待ちわびていた方、ごめんちゃい。もうしばらくお待ちを。
それまで、出来上がっている頭意外細部の画像公開を追記でやっていきますね。

19:30追記「いぐあな」出来上がり①部分画像
a65862ec.jpeg27e8066b.jpeg















かなり大きくしたツモリでも、グンゼカラー塗ったら、普通に見える??
多分これで大丈夫。



604cb57a.jpeg9da655e8.jpeg






300a7ebe.jpegd95e7bdc.jpeg
























次回はいろいろなポーズかな?
1/144スーパーバルキリーバトロイドお手軽改造かな???

実は「いぐあな」、あとひとつ改修すべきか迷っている箇所が・・・
可動にかかわる箇所なので、どこまで可能かどうか近日検証を考えている。

5日0:26追記
「頭・下あご・後頭部」改修 スキマよ無くなれ♪

PAP_0069.JPG














エポパテ盛りつけ部は、「頭・下あご・後頭部」の3つの部位が接するトコに生じる可動の範囲を確保する為の隙間。
これを各部位の接点の形状の工夫で改善。「隙間無く可動させたいなぁ」。
方法は?普通可動部は平らに「摺り合わせ」るコトで隙間が生じないように接合される。この場合は、ウロコや繋がる部位の形状を工夫して、可動させた際にも、見た目自然に繋がるように形状を合わせていくしかない。それも可動を確保しながら・・・・なんとかなるでしょう。
ついでに後頭部のサイドボリューム。首にある特徴的なウロコの大きさと形状も、さらに分かりやすく整えた。
PAP_0068.JPGPAP_0066.JPG












だいぶ、マシになってきている♪
もう一息です!

気分転換に、本日エフトイズ1/144ストライクバルキリーをバラバラに分解。
勿論、バトロイド形態に改造する為・
ぱっと感じたコトは、ちょい手間かかるかな・・・
右バックパックのキャノンのカットと可動ギミック。翼のミサイルは取り外すしかなさそう・・・

5日21:58追記「首&口開閉部周辺改修完了」
a972bbd1.jpegc8b233c3.jpeg


















首と後頭部両側ボリュームup!
口開閉部の周辺改修。
これで自然な可動確保。
ついでに間着部で回転させても違和感無いようにした。どの位置にしてもウロコやモールドが繋がって見えるよう微調整。


2d55f7ed.jpegaeb13eab.jpeg













やはりチェックは画像でやるのが良いみたいです。
赤線に付けたし予定。少し強調してメリハリをつける。

可動部のスキマ目立たなくなったでしょ♪



145b1c03.jpeg









「精悍なおへちゃ」になっていない原因はココ!
下あごの唇???(w)形状が頭部唇形状と一致していない。さらに口を完全に閉じるコトができていない分、下あごの形状判断を誤った。
徹底改修。(多分1日あればできる)
すでに油土を使い形状・バランス確認。良い感じになりますよ!




・・・オマケ
(枕元においてあるもんだから、ついつい・・・・気が付くといじくってました)
4ee79498.jpeg















コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

凄いものが出来上がる時にリアルタイムで目の当たりにでき、幸せです!
リドサウルスの顔の正面から見た幅広さには驚きましたよ。首のタルミも最高に愛おしいです♪
ボンさん♪正面顔は・・・

ホント、アーマチュアならではなんでしょうか?「おへちゃ」です(汗)
硬質の素材で可動にするには、どぉしても無理も生じます。それを、何とかさせてやるのが、一番工夫が必要。
劇中で使用されたのアーマチュアは予算の都合で1体のみ。
いまだに、形状には多くの謎があります。
例えば、埠頭上陸の時の顔は口閉じ顔も普通に恐竜顔。街にはいったときには、平たくカエル顔???
今回は大量の画像資料プリントアウトしましたが、輪郭が微妙に変化していてビックリ!
ある意味、スゴイっ!!と思ってしまった私です。

無題

>オマケに舌取り付け忘れてるし・・・
むしろ舌無し状態のおかげでパーツ接合具合が
良くわかって自分的に大満足。
痒いところに手が届いた感じですね。
クリックの存在がすごく良い仕事になってそうな予感。

>可動にかかわる箇所なので、どこまで可能かどうか近日検証を考えている。
ここへきて更なる可動改修案ですか?
ブッカ師はやはり凝り性ですなw
まだまだ、いぐあな変化が見れそうで楽しみです。
あのー

いっその事、50年代洋物モンスターをシリーズ化しちゃいません??
だって、こんな凄いモノ創り出す腕があるのならトカゲ君で終わらすの勿体無いですよー‼
無題

ド素人のあさはかな思いつきですが、アーマチュア付きでフニャフニャの軟質ソフビにしてみるというのはどうでしょう?
可動部分や首のたるみも再現できるのでは?
宇宙船さん、すでに改修中♪

やはりレプリカとしての位置づけも大切にしたいです。下から写した公開画像の頭と接続の「後頭部&ノドボトケ」部のサイドのボリュームを足し、下顎含め頭・後頭部・下あごのそれぞれの接点が、可動させてもスキマなく繋がるようにできそうです♪
さらに、頭部トサカ修正同様、首のウロコで特徴的な箇所のウロコが若干小さめであることが判明。これも改修中。
明日、改修経過画像と改修後出来上がり画像公開予定。
良い感じです。
ヨシヲさん♪

>50年代洋物モンスターをシリーズ化しちゃいません??
きゃははっ無理無理っ!
本場アメリカでも「商売」にならないから、映画会社もメーカーも今のところ相手にしくれそうもない(残念な話だ!)
まして日本国内・・・今やったら120%個人破綻。
「いぐあな」だって、どぉ考えても製品化しての商売は成り立たないでしょう。
成り立つような条件・・・仮に予約が1000個あったとしても、やらない。
あくまでも。自分のための道楽。
ウチラ楽しめるモンだけで楽しみましょう♪

最低条件でも、ブログで意思疎通可能な方。ホントに好きな方でカキコできる程度の行動力のある方。ホビーとして楽しめる方。

ざっと30個も丁寧に成形してもらえばコト足ります♪
これぐらいなら、流石に個人破綻はあり得ない。

コレがこの2年間、国内のホビー市場を見てきた私の結論です。

万が一、時勢が大きく変化しても、自分が表に出るコトは考えちゃうでしょうね・・・然るべき方に金型をお貸しするコトはあるかもしれませんけど・・・まぁ、テストショットもできていない、今考えるコトではないですね。
ただひたすら楽しみながら、自分で納得できる「いぐあな」に仕上げたい・・・まずは、ヨシヲさんの目で原型の検証お願いします。
画像資料も用意していきますからね、ヨロシクです!
RKOさん♪軟質PVC

多分、原型を手直ししてフニャフニャの皮ソフビも可能かと思います。
アーマチュアが問題。まともにやったらインジェクションとなり自己破綻必至(爆笑)ソフビ&アルミ線使用した「キット」にするしかない。
どっちみち、通常ソフビ2体分以上の予算は必要かな?

それもまた、求める方々と時勢の変化?次第。

でも、起業の意思がまるで無いので、なんともいやはや(w)ですかね。

正直、ふにゃふにゃ「いぐあな」私もほしいにゃ♪
フニャフニャ版

原型の手直し、アーマチュアの製作とコストなど作業工程が大きく違う事等々、まるで知りませんでした。m(_ _)m

ソフビキット作ってる時にいつも思ってた事なんです。
最近、オクで購入した親びんが原型担当のジオメト版サイクロプスを作ってて特に感じたものですから、つい思いつきでコメしてしまいました<(_ _)>
無題

スキマ隠しが呆れるくらい上手い出来で驚き!
これで顎があれだけ開き後頭部で二軸可動ですもね。
造形のグデーションによる目の錯覚を利用した巧みな
パーツ構成にただ、ただ圧巻です。
正面口閉じ顔はそれは、それは「おへちゃ」なのでしょうw
楽しみが増えていきますね。

>然るべき方に金型をお貸しするコトはあるかもしれませんけど・・・
個人的な願望としてコレはいつの日か実現して欲しいですね。
いぐあな君の出来具合はリアルソフビとしてトップレベルになると
思いますし、より多くのマニア元に届いて欲しいと思います。
劇中再現度は過去類をみないレベルで、アクションフィギュアレベル
の可動範囲なんて通常ではありえないソフビですから。
イヒヒ

明日トカゲ君に、会えるの凄い楽しみにしていますよ(^。^)
RKO さん♪思いは同じですよ!

あの「東京マルイのラジコンゴジラ」
同じように、「ラジコンいぐあな」憧れちゃいませんか♪
夢のような玩具ですよね!
「ふにゃふにゃふぁけいぐあな」のアーマチュアなんて、そんな難しくはないですよ♪
下手にジョイントなんか使わず、安いパイプとアルミ線、頭・顎・シッポは、簡易プラバンフレームで簡単にできちゃいそう。量産は無理ですけどネ。
製品で成功例が少ないのは、フレームをインジェクションで量産するコトが前提だから、皮とフレームが「ちぐはぐ」しちゃう。
だってフレームは設計。皮は見当つけて原型作るんですから・・・

それこそ、カスタムホビーならでは。
私たちなら、チャレンジして楽しむコトがきっとできる筈ですっ!!
宇宙船さん♪

トップを狙います。それも道楽でしかできない圧倒的な完成度を目指しますよ(ホントかよっwwww)

みなさんからのコメをヒントに、可動部はほぼ隙間なく可動できるように改修完了(追記画像)
むひひひっ♪下あごは湯口付くから、当然穴が開きます。
それが外見でわからないよう、頭部後ろ両側のエラ?と後頭部のパーツ前部についたのど仏がうち蓋&可動を妨げる干渉を解決するために役立ってくれる筈。一部だけがポッカリ開いた穴にかかる程度なので、ソフビの肉厚も問題にならないでしょう。
ソフビは昔からの技術。でも意外と形状や接合レベルでの工夫の余地がまだまだあるのです。「間着=回転可動」だけじゃ、つまらんでしょう♪

で宇宙船さんからのコメで、精悍なおへちゃになっていない理由がわかりましたっ!
わかってしまえば簡単なコト。すでに下あごは2回もウロコはがしてやり直したので慣れちゃいました(w)
改修しますよん♪多分コレが完成度を高めるための決定打となるんじゃないでしょうか。
ヨシヲさん♪

明日ヨシヲ君に、会えるの凄い楽しみにしていますよ(^。^)
(・・・今日カレー粉買いました♪)
セミナー

親びんの怪物怪獣造型講座をやって欲しいなぁ!
あんなことやってみたい、こんなの欲しい、なんていうオイラのQ &Aに的確に回答してくれる親びんのセミナーに参加してみたいっす!(^^)!
リドイグアナを手にする日が本当に待ちどおしいです!!ラストスパート頑張ってくださいo(^-^)o
ただし、くれぐれも健康に留意して下さいね(-.-)
RKOさん♪

セミナーは勉強クサイし、人様に教えるのはすでに引退(w)
おまけにガレキ黎明期のあの頃のまんまの化石のような製作方法。

私の方こそ、もっと便利な製作方法があれば、セミナーでもなんでも教えてもらいたいくらい(汗)

だから気軽に楽しんじゃえばイイ。
自分の頭で考え、自分の手をパテやらプラカラーやらで汚しながら、楽しんでいるうちに、いつのまにかできるようになってる。

私にわからないコトだって、他のどなたかがきっと教えてくれる。

このブログはちっちゃいけど、コミュは生きてます。
ホント、私が脱帽の方々がいっぱい。

有り難いモンです。
カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
8 9 10 11
14 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

最新CM

[08/17 BOSS]
[08/16 Kuni mimi]
[08/16 ブッカ]
[08/15 Kunimimi]
[08/14 BOSS]
[08/14 ブッカ]
[08/14 ブッカ]
[08/14 BOSS]
[08/14 怪獣玩具]
[08/13 かにぬー]
最新TB

プロフィール

HN:
ブッカ親びん
性別:
男性
職業:
創造的自由人
趣味:
立体造形・絵画・カラオケ
自己紹介:
謎の還暦越えの爺さん。
fb登録名 Izumi Takabe
現在はホビーを楽しむ「ぷぅ」
座右の銘:「人生起きて半畳寝て一畳」「それはそれっ、これはこれ!」
好きな四字熟語:「唯我独尊」「晴耕雨読」
今年の目標:日本文化としてのソフビ工芸品の開発。
野望:完全世捨て人。
工房:お布団のうえ・・・現在制作場所確保の為自宅お片付け中。
経歴:最近ボケてきたので忘れた。
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター