オリジナルソフビ成型品や大型艦船模型を個人道楽で製作しています。 「好・楽・円(御縁・コミュニケーション)」を大切に、基本的スタンスは「ホビーは楽しんでナンボ♪」と「唯我独尊♪」
Japanese "TOKUSATU" come back?

16日17:00追記
morinaoさんのガメラ20年目のお宝初公開
さぁ~て、なんだかガメラ熱が再燃してきちゃったので、当時の表現で言うところの“超レアで激ヤバな”アイテムを披露させていただいちゃいます。
いずれも'95年の『大怪獣空中決戦』関連。
作例以外は役得でゲットしたものなんですが、おそらく全部が世界にひとつの貴重品、のはず!
morinao

01
バンダイのソフビトイ、95年版ガメラとギャオス。
手前の色が薄いほうは商品告知等に使われた塗装サンプルで、写真撮影後に担当氏から戴いたもの。
後に発売された製品とは成型色が違っていました。淡いカラーがなんとも可愛らしくてお気に入りです。


02
こちらは上記バンダイ製ソフビの改造で、雑誌の特集用に作例として作ったもの。
手足の可動部は活かして、いつもの切り貼りとエポパテでプロポーション変更&ディテールアップを行いました。
ガメラはギャオスを倒した後、浅黄と見つめ合うシーンをイメージ。
ギャオスの翼は2体分を切り繋いで大型化。削ぎ取った血管のモールドを貼り付けて、継ぎ目を隠してあります。


03
マックスファクトリー製ソフビキット。
製品とは成型色が異なる一品モノ。
当時の人気番組「TVチャンピオン」の“プロモデラー選手権”には毎回取材でお邪魔していましたが、
この年、選手が各々決められた色のパーツを探して組み立てる早組み勝負が行われました。
その題材がスペシャルカラーのガメラキット。
会場は今は亡き吉祥寺ウェーブBe-J。
この赤色成型は収録の合間のドサクサに余りパーツを自分で探し集め、いただいてきたもの。左はオマケの槍ギャオス。


04
ファルシオン製ソフビキット。
製品の成型色はグリーン。これはサフ吹きしたわけじゃなくて、グレーで成型されたテストショット。
自分のガメラ狂いを見かねて(?)発売前に同社代表のK氏がプレゼントしてくれました。
これはこのまま取っておいて、いつか製品版をちゃんと作ろう・・・。

morinaoさん♪アンガト!
あははっ♪これはお宝ですねぇ~(ヨダレ、ヨダレ・・・)
入手当時の記憶が鮮明に思い出される・・・不思議なモンでただ購入して箱入りのまんま保管されてるモノは購入した記憶さえ忘れられちゃう。
思い出される記憶こそが唯我独尊の付加価値。
私はそれを「幸せな記憶」と呼んでいます♪
金では得られない宝物。

引き続き投稿ご協力お願い致します!
私の方はまだ画像取り込みアダプター壊れたまんま・・・イケメンゴリラ細部体表表現で変わり映えせず・・・完全にネタ切れ(ゴメンチャイ)
でも、皆さんの投稿画像の方が私的には楽しめる!

まころうさんからも投稿ご協力頂きました。(送信ご苦労されたようで恐縮・・・)
次回新規頁更新でご紹介予定。箱庭技研さん背景シート使用画像も(^^♪


Japanese "TOKUSATU" come back?
morinaoさんの新作始動記念?
ガメラ三態 

 You Tubeで新作ガメラ予告編を見た。
ゴジラに続いてガメラも復活。
そして特撮は若いクリエーター達によって繋がっていく。
先駆者たちの築きあげた技術に効果的なCG活用。
若い世代の新しい創意工夫を期待したい。
CG新技術の「これみよがし」だけではもはや誰も感動しないのだから。
脚本・演出等のすべてが結集されたとき、魂のある新しい特撮の新時代が拓かれる。


コメント欄での提言、失礼しました。

親びんの発言がなんとも気弱に感じられて・・・でも、言わずもがなのことでしたね。

画像募集とのことですので、こんなのをお送りしてみます。
かねてより噂のあったガメラの復活がようやく発表されましたね。
自分はゴジラも好きだけどガメラ者でもあるので、記念に過去の作品を引っぱり出してみました。
いずれも映画公開当時に製作した、酒井ゆうじさんの原型によるキット。『G2』のみ、ポーズ変更を行ってあります。
morinao

02
『大怪獣空中決戦』版。オールタイムベスト怪獣ムービー。
試写を観て感激のあまり某雑誌で応援キャンペーンを張ってしまったという、自分にとって特別すぎる映画。
軽々しく“G1”などと呼びません。海洋堂のソフビキットをストレートに製作。


03
『G3』。海洋堂ソフビと同一原型の、酒井工房版レジンキット。3体のなかで一番人気みたいだけど、手足の造作がイマイチ好きじゃないので個人的好みは最下位かも? 新作パイロット映像は、これにワニガメ風味を足した感じですね。



04, 05, 06
『G2』。海洋堂ソフビキットを改造。もとは首をもたげたポーズで、背甲を背負った感じが薄いためバランスを変更。首を短縮し、上半身、下半身ともに甲羅に埋め込むように。口は閉じた状態にしてみました。それにしても・・・こうして昔の作品を見ると、今は塗装がヘタになっちゃったなぁと改めて自覚しちゃいます。

morinaoさん♪いつもアンガト!!
まだ、接続機器買いに行けず、私の写メ画像をPCに移動できない・・投稿大歓迎!
私がついつい気弱になってしまう理由は手間とか金ではなく、どうやら巷の現状にあるようですね(笑)
「情報が豊かになると人は馬鹿になる!?」情報に流され自分の判断や意思、評価観までも気付かぬうちに見失ってしまうから。
そして「自分さえよければそれでいい」は「責任転嫁や弁解、被害者意識を拡大させる」・・・まるでお隣の国のように。
ここは、再度原点回帰で趣味専念。道楽馬鹿でただ楽しむことだけを考えましょう。
もっとも今はそれさえ妬まれてもおかしくない時代なんですけど・・・。
全ては庶民の景気回復せず。アベノミミクソ政策どぉなってんのぉ~?のせいにしちゃおう。
(完全に責任転嫁!笑 笑 それにしても中高年の就労率ヤバ過ぎ、若者使い捨て政策?)

ガメラの予告を早速見ました!「良さげですねぇ」。
私は単純に威風堂々、ゆっくりと動くゴジラやガメラを見たい!!
こうしてみると、やはり海洋堂ソフビは凄いなぁ。
メガソフビもホントは欲しくて仕方なかったんですが・・・何かを得る為には何かを失う・・・

背中の「粉瘤」いよいよ噴火直前。マジスカは削りカスもかなりヤバい。
ズボンはかずに脚の上にカス落した箇所にド派手なカブレ。顔は鮫オイルで少しマシに。
でも体毛表現にはベストな造形材。こちらも何かを得る為には何かを失う???
カラオケどころか外出もはばかる様な風体(笑)

引き続き皆さんからの投稿ご協力お願い致します。

 

コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

ガメラのショートムーヴィー、私も観ました!
チョッと楽しみですねぇ~。
個人的にはG3でお腹から火の玉がドーンって発射するのを見て、何でもありになっちゃった感じがして、
トーンダウンしちゃいました。
morinaoさまのガメラ三体、どれも素晴らしいですね!
私はガメラは手にした事がないので、チョッと欲しくなっちゃいました。
画像を見る限り、固定ポーズのモノのようですが、
可動可能なソフビキットもあるのでしょうか・・・?
BOSSさん

お腹からドーンは『G2』! それはともかく、そう、この3体はポーズ固定です。
最近は可動ソフビばかりいじってるけど、たまには動かないものやレジンキットも作るんですよ。

可動するガメラのソフビキットというと・・・ツクダホビーから3種ともに彩色済みキット(原型/山田卓司)が、ファルシオンから『空中決戦』版(原型/稲田喜秀)が発売されています。
首がダブルジョイントになっている等、可動が面白いのはツクダの『G2』。
でもファルシオンのガメラは、同社の最後のキットにして最高傑作。まさに決定版と断言していい、スバラシイものです。実はキットを2つ持っているのに、もったいなくて未だに手がつけられないぐらい。
その他にも、エクスプラス製品の昔のヤツは嵌着で可動する仕様だったと思いますが・・・全部は把握してません・・・。
可動ガメラ・続き

うっかり忘れちゃいました。
アトリエG1からは、軟質ソフビの外皮に真鍮フレームを内蔵させるフル可動キットが3種ともに発売されていましたね。特に『G3』は後に新作原型で、背甲板まで一枚ずつ動く「究極版」もリリースされています。
ちなみに、当初は親びんが原型を担当していたマックスファクトリーのソフビキットは・・・残念ながら無可動(原型/MAX渡辺)。

先に挙げたものも含めて、当然、とうの昔にすべて絶版。でも三部作のガメラは塗装がけっこう楽しめるので、塗るのがお好きな方は探してみるのも一興かと。
ガメラキット

各メーカー秀作が多いですなぁ~。
MAXのガメラは当時本業が糞忙しく、オマケに某氏のGEOメデユーサとタロスをちょくちょく通いで監修で集中できずMAX氏に尻拭いさせちゃいました。
生物の可動と形状トレースの両立は難しい・・・
普通は可動を棄てて形状トレースを優先させるんですけどね(笑)
無題

morinaoさま
右手がちぎれたり発光するのが「G3」でしたね。
ごちゃごちゃになっちゃいました・・・。
各メーカーの詳細な情報ありがとうございます。
ネットで色々検索してみましたが、ファルシオンのモノはあまりヒットしませんでした。
アトリエG1は目玉まで動いちゃうんですね。

ガメラは手にした事がないと書きましたが、幼少のころに腹か足にゼンマイ式のタイヤがついたガメラとギャオスを作った記憶が・・・。
お願いします

パソコンでメールを差し上げたのですが、うまくつながらなっかった用なのでこちらから連絡させていただきます。イグアナを改造しようとしてハンダを使い、上顎と下顎が修復不能に陥ってしまいました。もしパーツのストックがあるようなら実費でかまいませんのでお願したいのですが。無理なら再生産のとき一匹お願いします(笑)。よろしくお願いいたします
無題

申し訳ありません。名前を入れ忘れました。ハルちゃんです。
ハルちゃん♪

果敢にハンダゴテで・・・凄いなぁ。
たまたま、後ろ足が両方右足(笑)→予備用ストックのベージュイグアナがありますので、アフターケアさせて頂きます。できるケアは可能な限り、あとはたまたまの運しだい(笑)
あらためて発送先確認のため以下までご連絡ください。

bukka@k2.dion.ne.jp
無題

ハリウッドのゴジラの続編は、
「ゴジラvsコング」らしいですね?
モスラ、ギドラも出るそうで・・・(汗)

MAXファクトリーの怪獣ソフビは、
オマケが良かったですね。
槍ギャオスやバトラ幼虫、お得でしたよ。
ハルちゃん♪発送完了

私達の合言葉は「一緒にhobbyを楽しもう!」
他のコトは考えずひたすら楽しんでくださいね♪
ぱてじんさん♪マジ汗ハリウッド

あはは・・・は・・は。
あのゴジラにコング・・・
ギドラやラドン、モスラまで・・・
どぉせならフランケンシュタインの怪物も登場してほしい!!

2作目で怪獣総進撃!!(早っ)
ハリウッドも終わっちょるっ?
スポンサーばっかりに気を使い過ぎて肝心の中身がはちゃめちゃにならなきゃイイですね(笑)
無題

morinao様
ありがとうございます。
ファルシオンのソフビもオマケ付でしたね。
テレスドンには炭鉱夫みたいな
ディフォルメのボトルキャップでしたっけ。
この頃はソフビを買わなくなってしまって、
実物を手にとって無いんですよねぇ。(涙)
ぱてじんさん

マックスファクトリー同様、ファルシオンの怪獣キットはオマケも楽しかったですよね〜。
イノウエ水爆大怪獣にトリロバイトの化石レプリカとか、スーパーX2には横山宏さんの初期稿版ミニモデルとか。
そんな旺盛なサービス精神と、真摯(過ぎる?)な商品開発が際立ったメーカーでした。
'90年代中頃までが怪獣ソフビキットの全盛期ですかね・・・お手にとってない時期とはそりゃ残念!
無題

「ゴジラ」や「ガメラ」、ハリウッドの「ゴジラvsコング」や「キングコング」。
特撮怪獣復活!
これを機に原点回帰、バック・トゥ・ザ・ルーツで「オブライエン」や「ハリーハウゼン」等々に興味を持ってくれる方が増え、盛り上がると良いのですが・・・。
CGモンスターに見慣れた今の方々に、コマ撮りでカクカクした味わいのある動きのモンスターや、着ぐるみで暴れまわる怪獣の姿は受け入れられないのですかねぇ・・・。
BOSSさん♪ですね!

そう・・・原点回帰。そして「温故知新」。
例え「看板頼み」の営業優先であっても、希望に繋がる。
すでに魂ある新特撮時代の兆しも。
平成ガメラは何度見ても面白い!!
https://www.youtube.com/watch?v=-WQZ_cO-XBk
https://www.youtube.com/watch?v=ynWxg4GKKuY
https://www.youtube.com/watch?v=RbwQw3LjH9k
これらを超える怪獣映画が見たい!!
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 6 7
8 9 10 11 14
16 17 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

最新CM

[10/20 Kuni mimi]
[10/19 ブッカ]
[10/19 RKO]
[10/19 Kuni mimi]
[10/19 BOSS]
[10/19 ブッカ]
[10/19 Kunimimi]
[10/18 ブッカ]
[10/18 ブッカ]
[10/18 BOSS]
最新TB

プロフィール

HN:
ブッカ親びん
性別:
男性
職業:
創造的自由人
趣味:
立体造形・絵画・カラオケ
自己紹介:
謎の還暦越えの爺さん。
fb登録名 Izumi Takabe
現在はホビーを楽しむ「ぷぅ」
座右の銘:「人生起きて半畳寝て一畳」「それはそれっ、これはこれ!」
好きな四字熟語:「唯我独尊」「晴耕雨読」
今年の目標:日本文化としてのソフビ工芸品の開発。
野望:完全世捨て人。
工房:お布団のうえ・・・現在制作場所確保の為自宅お片付け中。
経歴:最近ボケてきたので忘れた。
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター